何かと使えるお湯が便利!カップ麺やスープもすぐに作れる

いつでもお湯が使える生活!一人暮らしを快適に

お湯を注ぐだけで美味しい食事がすぐに用意できるインスタント食品は、忙しい現代人の強い味方ですよね。一人暮らしの食事タイムをもっと快適にしたい時、おすすめしたいのがウォーターサーバーの設置です。いつでもサッとお湯が注げるウォーターサーバーを利用することで、即席の味噌汁やスープといったフリーズドライ食品がよりいっそう手軽に調理できますよ。

もちろん手の込んだお料理にも役立ってくれるのがウォーターサーバーの良いところです。ウォーターサーバーから注いだお湯を鍋に張れば、ガス代の節約につながるほか、時短料理が叶います。また、こだわりの水を使ったお料理には、素材の旨味が凝縮されるというメリットも。ウォーターサーバーの温水機能をフル活用するだけで、いつもの食事をさらに美味しく食べることができるでしょう。

温度調節ができるウォーターサーバーが便利!よく使う温度を確認

いつも熱々の温水が注げるイメージのあるウォーターサーバーですが、お湯の温度は一定に保たれている訳ではありません。温水が使えるウォーターサーバーには、お湯を冷まさないように加熱を繰り返す機能があります。しかし、この加熱が行われるタイミングは、お湯の温度がある程度低くなった時だけです。そのため、注水のタイミング次第では、80度を下回る低温のお湯が出てくる場合もあるのです。

カップ麺や粉末スープなどの調理には、熱々のお湯が欠かせません。90度以上のお湯を使う機会が多い人は、なるべく再加熱機能が付いたウォーターサーバーを選びましょう。メーカーによって性能はまちまちですが、リヒートモードが搭載されたウォーターサーバーであれば、再加熱ボタンを押して数分ほどで熱々のお湯が注げます。さらに白湯やお茶をよく飲む人は、70度前後のお湯が注げる弱温水機能の有無も忘れずにチェックしておきましょう。

水宅配は、ウォーターサーバーを専門に扱う業者のサービスとして一般の消費者の間で需要が高まっています。